校長室から

平成31(2019)年度 

 新年度が始まりました。
 3月に6年生3人が卒業し、全校生6人で新年度をスタートします。新元 号も『令和』に決まりましたが、新しい気持ちで今年度も『楽しく』『なかよく』『元気よく』を 合い言葉に、子どもも職員もともに頑張って いきたいと思います。
 昨年度から、本校の学校教育目標を『ふるさとで心豊かに学び 未来を切り拓くたくましい子どもの育成』としました。
 本島も過疎化がどんどん進み、島の人口も減っていく一方ですが、子どもたちには自然豊かな本島で生まれ育った自覚をもってもらいたいと思います。また、中学校卒業と同時に進学等で島外に出て行く子どもがほとんどですが、その時にそれまでの小集団から、大集団の中に入っても、きちんと自分を主張できる自立した子どもたちを育てたいと考えています。中学校・地域とも連携しながら、自分の力で未来を切り拓くことのできる子どもを育てていきます。
 また、来年度には小中併設が決まっています。今年は、その準備に向けた一年にもなります。
   今年度もよろしくお願いします。   (4月1日)

 

 長かった夏休みが終わり、子どもたちの元気な声が戻ってきました。2学期の授業日数は76日あり、一年間で最も長い学期です。行事も、修学旅行・陸上記録会・本島っ子まつり・学習参観・ソフトバレーボール大会・小手島小との交流など、盛りだくさんです。

 また3年に一度の瀬戸芸もあり、子どもたちが活躍する場面も増えることでしょう。

 学習や運動にしっかりと取り組みたいと思います。 (9月2日)

 

 

 新年、明けましておめでとうございます。2020(令和2)年のスタートです。 4月から小中併設予定ですので、小学校単独として最後の3学期になります。児童6名教職員9名で、残りの3カ月、『楽しく』『なかよく』『元気よく』頑張りたいと思います。 今年もよろしくお願いします。   (1月1日)

 

                 丸亀市立本島小学校 校長 木村博重